より細かい機能を知り、店舗で導入する価値があるか判断しよう

posレジとは何か

タブレット端末の機能や操作性

レジスター

フロアやテーブル番号を割り振り可能

テーブルを位置で割り振ったり、フロアを設定することができるので、会計の際にどのフロアのどのテーブルかをタッチパネルで即座に選択することができます。テーブルなどの情報は後々非常に役立ちます。

顧客データを細かく入力

その顧客の年齢、性別、特徴などを購入情報に追加することが可能です。より細かいデータを入力することで、販売戦略を固めることができ、無駄の無い経営に繋げられます。

どのような利用シーンなのか

個々の顧客データはもとより、そのお客様がカップルでデートに来ていたのか、4名で女子トークを繰り広げていたのかなど、利用シーンまで情報として入力することができます。利用シーンを集計することによって、曜日や天気ごとの細かい販売戦略を立てることが可能なのです。

商品をタップするだけの簡単会計

会計方法も、タブレットで購入された商品をタップするだけなので、金額を打ち間違えるといったようなミスが発生することを防げます。タップするだけなので、時間もかからないです。

テーブルごとに会計内容を保存可能

例えば飲食店でお客様がまだ会計という段階にきていない場合でも、手が空いた時間にテーブルごとに注文したメニューを保存しておくことができます。この操作をしておけば、会計の時にそのテーブルを選択するだけで済むのです。とても便利なシステムですね。

レジが新たな時代に突入している

タブレット端末利用のposレジシステムをさまざまな企業が導入することによって、今後レジの形態が大きく変わる可能性があります。時代の波に乗り遅れないように、常に最先端の方法をチェックしておきましょう。

広告募集中